読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月の双子

アイココのブログ

プラネタリウム

 

子供の頃、プラネタリウムは、憧れの場所だった。

 

故郷の函館には、プラネタリウムがなく

大好きなミュージシャンのコンサートも

プラネタリウムも、自分には簡単に行くことができない

夢のまた夢、と思って生きてました。

 

家には星座の早見表や

星座の神話を子供用にマンガで書いた本などがあり

何度も何度も、すり切れるまで読んでました。

(その割には、星座は覚えてないのですが  笑)

 

大人になってからは

住んでいる関西や旅先で、プラネタリウムを観ることができて

実は行く度に、

子供の頃の夢が叶っている…という感動があります。

 

先日は旅先で素晴らしい体験をしつつ

閉じていたパンドラの箱が開くように

眠っていた、胸の奥底にひそんでいた感情が

浄化の時を迎えてのご登場なのか、とめどなく溢れて来て。

 

深い、深い、言いようのない悲しみ。

その悲しみで、これまでに散々

湖が一つできるかというくらいに

泣いてきて

 

もう、その感情はだいぶ薄まって軽くなったのだろう、と思っていた。

たぶんそれは間違いではなく

玉ねぎの皮のように、何層にもなった感情とネガティヴな思考を

ありのまま認めて 受け入れて 手放して

その繰り返しの先にようやく

「核」とも言える悲しみそのものに、辿り着けるタイミングが来るのだろう。

 

プラネタリウムは、私の心を剥き出しにしてくれる。

暗闇の中、体を脱ぎ捨てて

本当に宇宙の中で、魂だけで存在するように

震える自分の心が、私に語り出す。

 

全天周ドームですっかり暗闇となった空に

少しずつ  星々が輝き出す。

 

思考を手放して  心だけになった私

静かに、静かに  涙が溢れ出す。

 

 

  -本当に大切な存在を感じたなら

         その存在の他に、

             いったい何が要るというのだろう-

 

  -私は、ずっと、悲しい-

 

  -とても、悲しい-

 

 

私は、私に、悲しさを感じることを許した。

 

宇宙に負けないくらい暗闇の海の底で

深い悲しみを抱いたまま、何年も泣いていた自分を

迎えに行くタイミングだったのでしょう。

数十分と、ただ静かに  涙が流れ続けた。

 

感情を見て見ぬふりするのではなく

あるがまま、感じ切る。

 

地球の命の一部である  台風や地震や噴火に、

良い悪いがないように

 

人間が感じる感情に、良いも悪いもなく

私という一つのエネルギーの表れであり

体験するべきことをしているだけ。

 

もちろん、嵐が大変な状況になるのと同じで

感情の嵐が過ぎ去るまでは  

それはそれは過酷なこともありますが

今では、

ああ、この嵐を体験して浄化できるところまで来れたんだな…

と、俯瞰している自分もいます。

 

 

ツインレイという言葉さえよく知らないまま

4年前、魂の嵐にぶち込まれたタイプの私は

嵐で遭難しそうになっても、

暗闇でも  這いつくばってでも

無我夢中で生きるしかなかったわけですが

 

本当に、少女漫画のような夢物語ではなく

(結果は、それを遥か超える次元の喜びへ繋がりますが)

魂の声に気付いてから、陰陽の太極図のように

至福と絶望が半分ずつ、私を支配しました。

 

何が  どうなろうと

愛する自分で生きるしかない、絶望。

 

これは、本当に  体験しないとわからないこと。

 

それは、これまでの価値観や

世の中の、実は極めて不自然なルールなど

目に見えるものに惑わされて故のこととは言え

生まれてから、その世界のやり方でしか生きて来なかった私たちなのですから

まったく、無理のない話です(笑)

 

だから、魂の声を聞くことも苦手になっていたり

魂剥き出しで生きることに、いろんな恐怖を覚えるけれど

宇宙は、必要なものを全て、与えてくれるようにできている。

 

思考と、いわゆる常識でガチガチに自分の生き方を固めていると

宇宙はひとりひとりを  どんどん幸せにする道を

いつでも用意しているのに

自分の思考が  その邪魔をしてしまうのね。

 

魂の本当の望みのままに生きていいと

宇宙は全てを許して愛してくれているだけ

それを信じて、生きられるか。

それだけなのね。

 

この4年間、少しでも

自分の中の至福の割合が増えていたら、いいな。

 

 

長くとりとめのない話になりました。

この記事を残しておくのかもわかりませんが

いま書きたいことを、書いておこう。

 

 

f:id:aikokoaloha:20170219233246j:plain